卒業生interview
ホーム | 介護福祉士 | 保育士・幼稚園教諭 | 健康運動指導者 |

  リリーで磨く、リリーから始まる。再チャレンジ、「好き」を仕事にする。 在校生にも聞いてみよう  

会社員から保育園保育士になった石川さん
   

 
インタビュー 石川 梨沙さん 「保育士」

・旅行会社 事務・添乗
・リリー保育福祉専門学校こども未来学科 平成16年度卒業
・はすみ保育園 勤務

高校卒業後の進路を考えた時に、旅行関係か保育か迷っていたんです。でも、すぐに就職をしたかったので旅行会社に就職したんですけど、 会社の方針と私がやりたかったことが違ってしまって・・・。
そこで、もう1つの夢だった保育をやってみようと思ってリリーに入りました。
リリーでの学校生活は、社会人になるための心構えをきちんと実践で教えてくれてるって気がしました。 それと、何をするにもみんなでするっていうか、課外授業や行事が学生主体で行われるので、どうしても話し合う、みんなで決める、 とにかく人と関わらないと進まないんです。それは今、保育園で先生方や保護者の方と連携すること、コミュニケーションをとることに すごく繋がっていると思います。
0、1歳児クラスを担当していますが、子どもたちから、おまるでおしっこができた!とか、立てた!とかホントに小さなことが親のように 嬉しく感じる日々です。そして、何より「保育園に行くのが楽しみ」と思ってくれるのが一番の喜びです。

大学卒業後、販売職から小学校教諭になった山口さん
   

 
インタビュー 山口 崇さん 「保育士」

・千葉県内私立大学人文学部 卒業
・千葉県船橋市ららぽーと内眼鏡ショップ 販売員
・リリー保育福祉専門学校こども未来学科 平成14年度卒業
・リリーヴィクトリアナーサリー 勤務
※現在は小学校教諭一種免許を取得し、リリーベール小学校で勤務中

特に何も考えずに企業に入り、働いている中で、自分はどのように社会に貢献できるのか、自分の役割は何か、と考えるようになり、 自分の気持ちに正直になることで、以前からの夢、保育の仕事を目指すことにしました。
リリーでの3年間は同じ保育者を目指す仲間との時間。最も印象に残った思い出は卒業発表会。全員でひとつの作品を作り上げました。 学生時代の友達とは、今でも連絡を取り合い、仕事の悩みを共有しています。
男性保育士として大変なことも多くありますが、子育てに男性が関心を持ち、関わっていくことはすごく意味のあることだと思います。
私の保育者としてのモットーは「笑顔で子どもと関わる」「子ども扱いはせず、1人の人間として付き合う」「個性を尊重する」。 子どもが成長し大きくなっても、ずっと記憶に残る先生になりたいですね。

営業マンから幼稚園教諭になった住谷さん
   

 
インタビュー 住谷 豪さん 「幼稚園教諭」

・高校卒業後、一般企業(営業)に就職
・リリー保育福祉専門学校こども未来学科 平成16年度卒業
・絹ふたば文化幼稚園 勤務

子どもたちが自分を呼んでいる・・・これが保育者を目指したきっかけでした。常に子どもとすべてを感じていたいという一心で、 全力投球の毎日です。
リリーへの入学は、豊富な実習量とイギリスでの保育セミナーがあるという理由からでした。苦労をしたことといえばピアノですね。 学校に入って良かったと思うこと。それは、今こうやって幼稚園の先生として働くことができていること。 子どもの笑顔や純粋さに魅かれ、これまでよりもっともっと子どもが好きになりました。書き物などデスクワークは大変ですが、 子どもたちのためだと思えば頑張れる、そんな毎日ですね。
現在、4・5歳児クラスを担当し、運動会や卒園式などの行事も任されています。経験をしていく中で、保護者の方の気持ちが分かってきました。 そして、命がけで子どもたちを守りたいって思うんですよね。「100%笑顔」「無遅刻・無欠席」で頑張ります!

大学生から施設保育士になった菊池さん
   

 
インタビュー 菊池 博貴さん 「施設保育士」

・立正大学心理学部臨床心理学科 卒業
・リリー保育福祉専門学校こども未来学科 平成24年度卒業
・内原和敬寮 勤務

大学では心理教育を専攻し、スクールカウンセラーとして不登校児の支援を目標に、学びを深めました。自分自身の将来を考えた時、心理職に求められる臨床心理士を取得するためには大学院へ進学するかどうかの選択をする必要がありました。教員免許を取得するための実習を中学校で行う中で、心のケアをするには、より低年齢児との関わりを持つ仕事…保育士の資格を取得しようと考えました。
リリーに入学した理由は、実習が豊富な点とカリキュラムが自分の学びたいこととマッチングしていたからです。大学時代に学んだ心理学系の授業も多くありましたが、これまで学んだことを違う視点で捉えることができ、復習をする契機となりました。年齢の違うクラスメイトとの生活は、価値観の相違を感じることもありました。しかし、大卒や社会人経験者もいるクラスだったので、大きな励みとなりました。
いま勤務をしている児童養護施設では、本当に大きなやりがいで満たされています!子ども達からは多くのことを学び、同時に大きな責任感を抱きながら仕事にあたっています。将来の目標は、現場のノウハウを、そして大学で専攻した心理を活かし、セラピストへ転身したいと考えています。子ども達を守りたいって本気で考えています。


PAGE TOP△


 
即戦力の目標資格
こども教育学科こども未来学科
介護ふくし学科健康スポーツ学科

高い就職実績があります
こども未来学科介護ふくし学科
健康スポーツ学科
 
就学・就職サポート
募集要項
学科紹介
こども教育学科
こども未来学科
介護ふくし学科
健康スポーツ学科
 
リリー保育福祉専門学校
茨城県水戸市梅香2-1-44
Tel 029-226-0206
Fax 029-228-1880
e-mail info@lily.ac.jp
お問合せ

リリー保育福祉専門学校Webに戻る

 
©Copyright Lily Academy of Nurture and Welfare. All Rights Reserved.