Q&A
ホーム | 介護福祉士 | 保育士・幼稚園教諭 | 健康運動指導者 |

  リリーで磨く、リリーから始まる。再チャレンジ、「好き」を仕事にする。  

 
入試に関すること
Q.
A.
入試が心配ですが・・・
本校の入試において最も 重要視をしているのが、将来、何になりたくて本校に入学を希望しているのかということです。まずは、本校で養成している専門分野に就職したい意欲をしっかり伝えていただければと思います。
Q.
A.
入試の内容は何ですか?
一般入試の内容は、書類審査と面接のみです。大学生と社会人の方はその経験を加味し、作文と運動検査が免除されます。AO入試は、面談と書類審査です。
Q.
A.
面接試験では何を聞かれますか?
個別の面談です。時間はひとり15分くらいです。重要質問として、入学の動機と将来の職業観は必ずうかがいます。
Q.
A.
作文の出題内容は何ですか?
設題は2問です。1問は一般的なことに関する設題、もう1問は目指す専門職に関する設題です。
Q.
A.
ピアノが弾けないとダメですか?
ピアノは保育においてとても重要な技術の1つです。全くピアノに触れたことのない方はまずは個人レッスンに通うことをお薦めします。授業形態も本校は個人レッスンできめ細やかな指導をしていますのでご安心ください。

学費に関すること
Q.
A.
学費が心配ですが…?
ホームページでご案内していますので、ご希望の学科の「募集要項」をご参照ください。
Q.
A.
社会人でも奨学金はありますか?
学校独自の奨学金制度『大久保久子記念特別奨学金』があります。『日本学生支援機構』の申請も可能です。その他、 の場合には「茨城県」や、「日本生命保険協会」、「日本興亜福祉財団」による 『介護福祉士養成奨学金制度』があります。国の奨学金制度は、卒後5年間の勤務により返済が免除されます。 それだけ、社会から介護福祉士が必要とされているということです。また、新しい奨学金制度として、県内の社会福祉法人や団体がリリーの学生を支援してくれる『奨学金給付制度』も始まります。(詳しくはホームページで「サポート体制」をご参照下さい。)各種奨学金の他にも、金利の低い教育ローンの利用もできます。
詳しくはお問い合わせください。

就職に関すること
Q.
A.
就職のサポート体制はどのようになっていますか?
その時期に合った就職ガイダンスの実施や、学生の意思を確認しながらの個人面談・模擬面接指導など、就職担当の「学生部」と「担任」が就職活動を全面的にバックアップします。
Q.
A.
求人数はどれくらいですか?
リリーは、保育・介護福祉・健康スポーツ分野での高い実績と信頼を誇ります。
一人の学生に対して、こども未来学科は8.6件、介護福祉は17.7件、健康スポーツは1.6件と、多くの求人を頂いています(平成22年11月現在)。
また、実習した先から就職のお声かけを頂く学生も少なくありません。
Q.
A.
就職するのに年齢的なハンディはありますか?
就職先によっては、採用条件に年齢制限を設けているところもありますが、過去には40歳代、50歳代で就職した学生もいます。
年齢や経験がキャリアとなる分野では、本人のやる気が大きく関わってくると思います。
Q.
A.
卒業後も、就職の相談などはしてもらえますか?
もちろんです。その他にも、毎年夏に『卒業生セミナー』を開催しており、卒後のブラッシュアップにも取り組んでいます。ご活用ください。

履修に関すること
Q.
A.
一日の時間割を教えてください。
1時限90分授業で、午前と午後に2時限ずつです。
1時限が長いと思われるかもしれませんが、演習科目が多いため慣れればそう長く感じないようです。大体、3〜4時限の日が多く、 1時限目の開始時間は9:00からで、4時限目まである場合は、終了時間は16:10になります。
Q.
A.
実習は、どのような内容ですか?
学科・コースによって、それぞれ専門分野での実習を行います。実習前の指導はもちろん、実習中にも実習先を訪問しての助言指導、 実習後の反省会など、実習を通して大きく成長する学生をバックアップしますので、心配いりません。
Q.
A.
介護福祉士・保育士になるための国家試験は難しいですか?
本校は、厚生労働大臣指定校なので、卒業と同時に国家資格が取得できます。リリー卒業=国家資格取得ということですので、 改めて国家試験を受ける必要はありません。幼稚園教諭2種免許も同様です。
Q.

A.
出身大学が、福祉系ではなく一般の大学です。
また、介護に関する知識がないので勉強についていけるか心配です。(介護ふくし学科希望)

福祉・介護に関しては、入学してから基礎から学びますので安心してください。また、福祉・介護・生活に関することなどは新聞や雑誌などに 目を通しておくとより安心です。
Q.
A.
身体が小さいので、お年寄りを持ち上げたりできるか不安です。(介護ふくし学科希望)
「からだのしくみ」や「生活支援技術」という授業で、人間の体の仕組みや動かし方、腰痛予防などを学びます。また、介護技術の中でも、大切な技術項目として 最初に学ぶ分野です。ただし、最初から腰痛がある…というような場合は、かかりつけの医師に必ず相談してください。
Q.

A.
スポーツがそれほど得意ではないのですが、健康スポーツ学科の授業にはついていけますか?
(健康スポーツ学科希望)

本学科は、プロのスポーツ選手を育成することが目的ではありません。人々の健康を支えるための運動指導者を養成しています。 自分の運動能力や技術を高めるのではなく、利用者さんが楽しみながら運動し、効果をあげる方法を学ぶということです。

学校生活に関すること
Q.
A.
過年度卒者の入学生の割合はどのくらいですか?また、若い人にうまくなじめるか不安です。
ここ数年、増加の傾向で、の場合ですと平均して約15〜20%です。
社会人入学生の感想をいくつか紹介します。
「最初は6〜7歳の年の差に不安でしたが、そんな心配は無用でした。同じ目標を持つ者同士が集まると年齢はあまり関係ないようで、 逆にエネルギーをもらってます。」
「新鮮です!みんな自然に受け入れてくれているし…明るくてやさしいクラスメイトに支えられています。」
「社会経験があるのでこちらが教えることもありますが、若い人に教えられることもあります。」
…などなど。なじめない…ということはあまり(というかほとんど?)ないようです。
Q.
A.
休み時間にはどこにいればいいですか?
ホーム教室があります。また、学生ロビーもあります。お昼時間は、お弁当派も多いですが、外の飲食店(ファストフード、コンビニ、 ラーメン店、カフェ…などなど)に出る学生もいます。
Q.
A.
アルバイトはできますか?
学生部では、保育・福祉・スポーツ系のアルバイトを紹介しています。また、一般のアルバイトをしている学生もいますが、 いずれも学業に影響のないように気をつけてください。

その他
Q.
A.
貴校の詳しいことを知りたいのですが。
学校見学は随時受け付けています。事前にご都合の良い日時を下記の問合せ方法でお知らせください。
Q.
A.
社会人・大学生の相談会はありますか?
はい、社会人・大学生の方が来校しやすい曜日・時間帯で設定させていただきますので、日程が決まり次第ホームページでご案内します。お気軽にお越しください。
下記のお問合せ方法で事前のお申込みをお願いします。ご都合がつかない場合は、もちろん学校見学は随時受付けておりますので、 同様に事前にご連絡ください。
Q.
A.
何かわからない時のお問い合わせ先を教えてください。
お電話は、フリーダイヤル(0120-711-588)で入試係までお問合せください。
メールアドレスはinfo@lily.ac.jpです。またホームページからもアクセスできます。PCはlily.ac.jp、携帯はlily.ac.jp/iです。お気軽にお問合せください。


PAGE TOP△


 
即戦力の目標資格
こども教育学科こども未来学科
介護ふくし学科健康スポーツ学科

高い就職実績があります
こども未来学科介護ふくし学科
健康スポーツ学科
 
就学・就職サポート
募集要項
学科紹介
こども教育学科
こども未来学科
介護ふくし学科
健康スポーツ学科
 
リリー保育福祉専門学校
茨城県水戸市梅香2-1-44
Tel 029-226-0206
Fax 029-228-1880
e-mail info@lily.ac.jp
お問合せ

リリー保育福祉専門学校Webに戻る

 
©Copyright Lily Academy of Nurture and Welfare. All Rights Reserved.